タクシードライバーとして転職!成功するポイントまとめ

転職は人生の中でも重要なターニングポイントですよね。だからこそ失敗したくないですし、前職よりも成功したいと思うのは当然のことです。タクシードライバーの仕事は、会社勤めの会社員と比べて勤務時間がバラバラで、歩合制な場合がほとんど。ちょっと珍しい乗務形態かもしれません。

 

タクシードライバーの求人はとても多く、会社によって待遇や給与はことなりますが、良い条件を提示している会社が目立ちます。また、勤務も自由度が高く、職場の人間関係で悩むことも少ないでしょう。歩合制を取り入れているので、自分次第で多くの金額を稼ぐこともできます。そんな売れっ子のタクシードライバーを目指すにはどうしたら良いのでしょうか?

 

タクシードライバーとして転職で成功するには、まず応募の段階から意識しておきたいポイントがあります。今回は、タクシードライバーに転職して、成功するにはどうすれば良いのかを、応募の段階と実際に転職が決まってからの乗務に分けてご紹介していきます!

 

転職活動中に心がけたいポイント

目的を明確にする

早速ですが、なぜあなたはタクシードライバーになりたいのでしょうか?車を運転する仕事はトラックやバスの運転手など他にもあります。実際に応募をする前に、その点をしっかり自分で明確にしておきましょう。

 

他のドライバーと比べてタクシーの運転手はお客様とのコミュニケーションをとることが多い仕事です。また、バスのようにルートが決まっていない分、自分でお客様の動向を考える機会が増えます。その分外れることもあるでしょうが、実際に多くのお客様を乗せられたり、感謝されたりした場合、とてもやりがいを感じるでしょう。毎日違った道を走るので、単純に運転が好きだという方にもおすすめです。

 

タクシーの運転手になぜなりたいのか?という目的を始めに明確に持っておくことで、多くある求人情報の中でも必要なものだけ頭に入りやすくなります。また、その後の書類選考や面接の際の志望動機の柱となります。明確な目的は別にポジティブである必要はありません。まずはなんでも良いので自分が思うことを紙に書き出して、頭を整理していくことから始めてみてください。

 

書き出したら、そこから人に伝えるにはどんな言葉が適しているのかを考えていきましょう。考えた分だけ、人に伝わる目的となって、転職活動もスムーズに進みます。

 

求人情報を細かくチェック

タクシードライバーは歩合制を取り入れているところがほとんどなので、転職して不安なのは最初の給与ですよね。より転職して成功したい方は、求人の会社に給与保証期間があるかを確認しましょう。

 

会社によって給与面が手厚いところもあれば、住宅手当やその他の手当てがしっかり整っている会社もあります。求人ではこうした待遇にも目を向けて、自分に合っている会社かどうかをチェックしましょう。そのためには自分の希望を明確にする必要があります。なんとなく求人を見るのではなく、2枚の紙に希望を書き出して1社ずつ確認すると、より見落とすことなくチェックできますよ。

 

地元のタクシー会社なら、周りの人に評判を聞いてみる

求人情報で会社の情報は分かっても、社風までは実感できないものです。そうした場合は、家族や親せきにタクシー会社の評判を直に聞くのもおすすめです。働いている人たちの人物像を知って、そこで自分が働いているイメージがつくかどうかも、大事なポイントです。

 

タクシー会社の説明会に参加する

タクシー会社では、入社を希望している人たちへ向けて、会社説明会を開催することもあります。求人などで気になるタクシー会社の説明会にはなるべく参加しましょう。応募要項で分からない点や、実際に勤務する上での不安など、聞いてみることで解消できることもあるでしょうし、たくさん質問すれば人事の方へ熱意をアピールできます。

 

求人だけで応募する会社を判断するのではなく、実際に顔を合わせればその会社の空気感もなんとなく伝わりますし、自分との相性もより分かるものです。転職活動で失敗しないためにも、説明会にぜひ参加してみてくださいね。

 

実際の乗務で心がけたいポイント

体調管理はしっかりと

タクシードライバーに関わらず、転職したてのころは自分が思っている以上に気を張るもの。そういった時にはやはり体調は崩しやすくなります。ましてやタクシードライバーは、勤務時間がバラバラなので慣れるまで時間がかかります。タクシー乗務ならではの勤務スタイルに慣れることが第一優先です。

 

同僚が走っているコースを把握する

稼ぐためには、同僚が走っているコースと同じ道を走っても意味がありません。あまりタクシードライバーが走っていない場所こそ、稼ぎに繋がる道です。まずは日頃から同僚がどの道を頻繁に走っているのか、時間帯によって走る場所は決まっているのか?などをリサーチしましょう。

 

地元であれば、土地勘もあるので自分でここだと思った場所にすぐ行くこともできますが、土地勘がない場所の場合は、よりしっかりと頭に叩き込むことが大切です。面倒でもメモ取ったり、走った道の時間帯や客層をメモしておくと後々便利です。

 

成功している先輩に話を聞く

タクシードライバーの中には、稼いでいる人が必ずいます。一方で同じ勤務時間なのにあまり稼げていない方もいるでしょう。タクシードライバーの仕事は、人によって稼げたり、稼げなかったりする傾向があります。もちろん土地柄なども関係していますが、やり方によって必ず稼げるはずなのです。実際に成功している先輩に話を聞いて、どんな仕事振りをしているのかを尋ねるようにしましょう。

 

安易に教えてくれる先輩は少ないかもしれませんが、日ごろから観察するようにすると、その先輩の仕事振りがなんとなく分かってくるものです。まずは、成功している先輩を観察して、できることから実践しましょう。

 

サービス業だからこその強みがある

タクシードライバーの仕事は、お客様ありきです。たった5分間の運転だとしても、お客様側からすれば良い対応をしてくれるタクシードライバーの方が良いに決まっています。タクシードライバーとして多くのお客様を乗せることも大切ですが、常連のお客様を確保するのも大切です。

 

重い荷物を持っているお客様に対して、家の前まで運んだり、以前にも乗せたことがあるお客様の話などを覚えておくと、「ああ、このドライバーさんはお客さんのことをしっかり考えてくれているんだな」と信頼されます。タクシードライバーは常に安全運転をしなければならず、運転中は前を向いているのでお客様の顔や特徴を覚えるのは大変な面もありますが、誰もしていない気配りは必ず武器になります。少しでも常連のお客様を増やせるように、日ごろから心がけて乗務に臨みましょう。

 

無線室と良好な関係を築く

流し営業、待機営業どちらの場合でも配車を手配する無線室との関係性も重要です。無線室の方も、「お客様がいる場所に行けるドライバーが2人いるけど、どちらに頼もうかな?」と悩む機会は多いでしょう。そんな時に、仕事が雑でサービス精神がないタクシードライバーに仕事を回してくれません。タクシードライバーとして成功するには、無線室と良い関係を築き、仕事を回してもらう必要があります。人間関係はどんな仕事でも大切ですが、お客様に対してだけではなく、会社内でも意識していきましょう。

 

タクシードライバーとして転職!成功するポイントまとめ

 

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談 TEL0120-5964-15にお気軽にご相談ください。
寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。