タクシードライバーの転職で後悔しないためにするべきこと

一大決心をしてタクシードライバーへ転職しても、場合によっては働いてからイメージしていた業務と違っていたと感じて後悔することもあります。せっかく転職したのに、そんな後悔はしたくないですよね。だからこそ、転職前の求人をチェックする段階や、応募の段階で自分に合っているのかを考えることが大切です。また、実際に働いてからも後悔しないように、体調やストレス管理、売上をどう作っていくかを冷静に考えていく必要があります。

 

今回は、タクシー会社への転職を後悔しないためのポイントをご紹介していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

求人は給与保障がしっかりされている会社がおすすめ

タクシードライバーの仕事を始めてするという方は、給与保障制度が整っている会社がおすすめです。タクシー業界は歩合制を取り入れているところが多いですが、未経験で初めてタクシードライバーになったとしたら、やはり不安なもの。慣れるまでの期間だけでも保障がある会社だと安心して乗務に臨むことができます。

 

また、歩合率は低くないか、ノルマはどのくらいあるのか、シフト変更は可能か、有給休暇は取れるのか、なども求人チェックの段階で必ず確認するようにしましょう。いくら目先の給与が高くても、待遇が整っていないタクシー会社は、のちの後悔へとつながります。

 

事前にしっかりと情報収集を行う

転職では求人を細かく確認することも大切ですが、もっと詳しく情報収集をするとより後悔しない転職活動ができるでしょう。ひと昔前と比べると現在はネットで様々なことが検索できる時代です。お客さん目線での評判なども確認するようにしましょう。

 

地元のタクシー会社への転職を希望している場合は、車自体をチェックしたり、一度そのタクシーを実際に利用してみるのもおすすめです。もし車に傷が多かったり社内が汚かったりする場合は、そういったメンテナンスを疎かにする会社だということですし、サービスも無愛想、運転も荒いといった場合は要注意です。求人情報を踏まえつつ、自分の目で見て知って判断する姿勢も、後悔しないためには必要です。

 

応募時には勤務時間もしっかりと確認する

場合によっては日中の時間帯だけの勤務を希望していたり、夜勤のみを希望している場合もあるでしょう。タクシードライバーの仕事は、基本的には隔日勤務が多く、勤務時間もその都度変わることもあります。採用された後、勤務時間で後悔をしないためにも、希望の勤務時間があるなら、初めにしっかりと確認しておき、自分の希望に合ったタクシー会社へ応募することが大切です。

 

研修制度があるタクシー会社は社員を大切にしてくれる

未経験なら尚更、研修をしっかりとしてくれる会社を選ぶようにすると、その後の業務も安心できます。タクシードライバーの業務は、基本的にはひとりでお客様を目的地までお送りすること。急いでいる方、機嫌が悪い方を迷わずスムーズにお送りするのは最初の頃だと特にプレッシャーに感じることも多いでしょう。研修制度を通して、業務上のマナーや接客スキル、業務内容全般を学べば、そういった不安も少しずつ解消されて自信を身に付けることができます。

 

健康とストレスケアをしっかり行う

タクシー業界に入って、肉体的な疲労が原因で後悔する方も多くいます。タクシードライバーは、隔日勤務という勤務形態を採用している場合が多く、1日の拘束時間は20時間にも及びます。若年層なら大丈夫かもしれませんが、中高年の方にとっては、腰痛や肩こりといった症状に悩まされることも珍しくありません。

 

こういった症状は日常的なストレスとなるので、日ごろから腰のベルトやクッションなどを使用したり、正しい座り方を維持したり、たまには車外に出てストレッチをして体を伸ばすなど、体に負担が掛からないように工夫をしましょう。勤務時間が不規則な分、休める時にしっかりと睡眠をとることも大切です。もし急遽体調が悪くなって仕事を休んだ場合は、歩合制なのでお給料に直接影響してしまいます。

 

また、休日だからといって勤務日の前日に深酒をするのは要注意です。乗車前にアルコール反応が出た場合は当然勤務ができませんし、周囲からの評価も下がります。転職したてのころは、健康面のケアを特に意識して行うことが大切です。

 

ストレス管理も仕事のひとつ

もともと人と話すのが好きだという方は、お客様とのコミュニケーションも得意かもしれませんが、中には運転は好きだけど人と話すのは苦手だという方もいるでしょう。タクシーは個室空間で、基本的には1対1の接客が多くなります。良いお客様ばかりなら問題はありませんが、酒に酔ったお客様から乱暴な言葉を投げかけられることもありますし、クレーマーのようなお客様に対しても真摯な対応が求められます。お客様に何を言われても「これは仕事だから仕方ない」と割り切り、理不尽なことを言われても毅然とした態度でいることが大切です。

 

万が一の対応をあらかじめ頭に入れておく

もしも業務中に事故などのトラブルがあった場合、責任を感じて転職自体を後悔してしまうでしょう。また、交通違反などによって業務ができなくなるのもタクシードライバーのリスクです。もちろん事故や交通違反などは可能な限り防ぐことが大切ですが、あらかじめ万が一の際の対応をしっかり頭に入れておくと、その後の対応がスムーズです。

 

まずは応募の段階で、事故の際でも補償をしてくれる会社を選ぶようにしましょう。また、事故が起きた際の対応を会社側は定めているはずなので、それをあらかじめ確認するようにしましょう。

 

タクシードライバーは通常の人に比べて当然運転時間が長くなるので、交通事故へのリスクも高くなります。それを念頭においた上でわき見運転やスピードの出し過ぎなどはせず、道路標識を守った安全運転を心がけるようにしてください。

 

うまく稼ぎにつながらず後悔してしまう

タクシードライバーは歩合制を取り入れているので、稼げるかどうかは個人の実力次第となっています。自分の業務が売上につながれば成功したようなものですが、なかなか思った通りに売上が伸びないと、タクシードライバーに転職したこと自体を後悔してしまうかもしれません。売上に対して後悔しないためには、根気とやる気が必要不可欠です。

 

まずは実際に稼いでいる先輩ドライバーの仕事ぶりを観察してみてください。どのような道をどの時間帯に走っているのでしょうか?接客などはどんな工夫をしているのでしょうか?きっと特別なことはしていません。ちょっとした気遣いや心構えを習慣的にしているからこそ、日常的に安定した収入を得ている場合がほとんどのはずです。なのでまずは稼いでいる先輩の習慣を取り入れて、自分でも実践してみてください。

 

いきなり実践したところで結果がすぐに出るとは限りません。やはり続けて経験を積まなければ、身に付くものも身に付かないものです。初めからいきなり稼ごうと意気込むのではなく、勉強と経験を身に付ける時間だと言い聞かせて、辛くても頑張ってみてください。いつか必ずあなたの結果につながる日が来るはずです。

 

また、近年は海外の観光客も増えています。会社があるエリアにもよりますが、英語や中国語が話せると稼ぐ上でも優位となります。今から覚えるのは大変ですが、挨拶程度でもできるようになっておくと、海外からのお客様も喜んでくれるでしょう。自分が少しずつできることを取り入れて、行動に移して、確実に結果に繋げていきましょう。

 

タクシードライバーの転職で後悔しないためにするべきこと

 

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談 TEL0120-5964-15にお気軽にご相談ください。
寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。