タクシードライバーの勤務体系について

タクシードライバーは一般的な会社員とは異なる勤務体系となります。転職を考えている方にとっては、勤務形態がどのように変わるのか気になりますよね。中には勤務体系を重視して会社を選びたいと考えている方もいるかもしれません。勤務体系は求人情報の段階でしっかりと押さえておきたいポイントです。その形態によって働けるかどうかが決まってくるといっても過言ではありません。

 

勤務体系の中でも細かい時間帯は会社によってことなりますが、大まかに分けるとどのような勤務体系が一般的なのでしょうか?詳しくご紹介していきます。

 

タクシー会社の勤務体系は特殊な部類

タクシー会社の勤務体系はちょっと変わっています。なので転職したてのころは、その勤務体系に慣れるまで時間が掛かるという方もいるのです。

 

一般的にタクシーで採用されている勤務体系は「隔日勤務」というものです。朝の8時から夜中の2時頃まで勤務するもので、拘束時間が約18時間と長時間になるのが特徴です。18時間も働くのかと思われる方もいるかもしれませんが、意外とそういうわけではありません。隔日勤務の時には3時間の休憩時間が設けられているので、その時間帯に食事をとったり仮眠をすることも可能です。また運転に疲れた時は、自主的に車外に出てストレッチをすることもできます。

 

長時間の拘束で不安に感じる方もいるかもしれませんが、タクシー会社の中にはこうした労働環境をサポートする設備が多く採用されています。会社内にマッサージ機や仮眠室などを設けて、ドライバーの疲労を少しでも軽減しようとした取り組みも積極的に行われています。また、夏場の運転は汗もかきますし体もべたつきます。そんな方でも気軽に利用できるシャワー室が完備されている会社も多く、よりストレスなく乗務に取りかかれるようになっています。

 

女性用のシャワー室や仮眠室を設けている会社も近年増えてきているので、もちろん女性も休憩時間はのんびり過ごすことができます。長時間の拘束となるので、隔日勤務をした翌日は「明け」となり、まるまる休日となります。タクシードライバーは月の乗車時間が決められているので、隔日勤務が多ければ月に17日前後休むことも可能なのです。

 

勤務日以上に休日が取れるのは大きな魅力ですよね。休日をしっかり取ることができるという点も、タクシー会社への転職がおすすめであるひとつのポイントです。

 

昼だけの勤務、夜だけの勤務も可能

タクシー会社によりますが、昼間や夜の時間帯だけ勤務することも可能です。隔日勤務が月に約12日間の勤務に対して、昼や夜の勤務は1日8時間程度の労働時間となるので、月に24日勤務することとなります。会社によって勤務する時間帯は異なりますが、昼間の勤務だと7時から10時の間の出庫、夜だと19時から22時の間の出庫が多いようです。

 

昼間の時間は、主婦の方など夜までに仕事を終わらせたいという方に特におすすめです。以前までは隔日勤務が一般的だったので、シングルマザーなどの女性は難しい仕事だと思われていましたが、この勤務体系が採用されるようになってから女性も働きやすくなりました。もし、希望の時間帯などがあれば、一度会社に問い合わせてみてください。もしかしたら、融通を効かせてくれるかもしれません。タクシー業界は近年女性への採用に力を入れている傾向があるので、ぜひ昼間の時間帯に働きたいと考えている女性は、タクシードライバーの求人への応募を検討してみてくださいね。

 

稼ぎたい方は夜の時間帯がおすすめ

トータルの勤務時間は、昼夜それぞれの勤務、隔日勤務とあまり変わりはありませんが、タクシードライバーは歩合制なので稼げる時間帯に働けた方が俄然有利です。タクシードライバーが特に稼ぎやすい時間帯は夜になります。とにかく稼ぎたいという方は、隔日勤務か夜の時間帯に勤務するのがおすすめです。昼間の時間はバスや電車などが稼働しているのでタクシーの需要はそれほど高くありません。一方で深夜はそういった公共交通機関がストップするので、タクシーの需要が一気に高まります。お客様を乗せられる確率も高まるので、もし稼ぎたいと考えているなら、なるべく夜の時間帯に動けるようにしておきましょう。

 

夜の時間帯は、飲み会などの帰りでタクシーを利用する方が多くいます。お客様によっては酔っぱらっていることもあるでしょう。体調が悪そうなお客様が乗ってきた場合は、少しゆっくり運転をしたり時折話しかけたりして気遣うようにしましょう。お客様に安心感を持ってもらうことも、タクシードライバーにとって大切な乗務です。

 

タクシーならではの勤務体系のメリット

隔日勤務は拘束時間が長いので、辛いような印象を受ける方も多いですが、実はメリットもあります。ご紹介した通り、タクシードライバーは月の乗車時間が決められているので、休日が多くあります。もともとある休日と有給休暇を一緒にとれば、長い連休が取ることが可能なのです。家族との時間を大事にすることもできますし、プライベートの時間も充実させることができるのも、他の職業とは異なる嬉しいメリットです。タクシードライバーならではの勤務体系は、慣れるまで大変だと感じることも多いかもしれませんが、一度慣れてしまえば、これ以上自分の時間を有意義に過ごせる勤務体系はありません。ぜひ、タクシーならではの勤務体系を利用して、自分の時間を大切に過ごしてください。

 

また、勤務体系をもっと自由に定めている会社もあります。自分の希望をしっかり持って、その希望の勤務体系で働ける会社を見つけられるように求人情報をチェックしてみましょう。

 

慣れない方はリフレッシュ方法を考えてみる

タクシードライバーの勤務体系は特殊なので、初めは慣れないという方もいると思います。特にありがちな悩みなのが、乗務中に眠たくなってしまうという悩みです。ドライバーの仕事はその名の通り運転することなのでこれは死活問題ですし、解消したい問題です。

 

初めのころは体が慣れていないので特に大変だと感じる方もいるかもしれません。勤め始めだと緊張して、休憩室でもなかなか気が休まらないかもしれませんが、まずは横になってみましょう。結果的に眠れなくても横になることで人の身体は休まります。

 

また、休憩時間に好きな音楽を聞くことも効果ありです。リラックスした時間を過ごすことで脳もリフレッシュできるので、ぜひ試してみてください。

 

休憩が終わった後は、コーヒーを飲んだり、眠気覚ましのガムを噛むとより目が冴えるのでおすすめです。あまりコーヒーを飲み過ぎたりガムを噛み過ぎるのも良くありませんが、休憩後にするとより集中して乗務に臨むことができるでしょう。

 

長時間ずっと運転をするのは疲れますし、腰や肩を痛めることも考えられます。そうならないように、腰の部分にクッションを置いたり、たまに車外に出て外の空気を吸いながらストレッチをしましょう。車を運転している姿勢をずっと保っていると、知らないうちに身体が固くなってしまいます。毎日のストレッチを習慣的に行うのも、疲労が溜まりづらくなるポイントです。

 

タクシードライバーの勤務体系について

 

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談 TEL0120-5964-15にお気軽にご相談ください。
寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。