稼げるタクシーの仕事探し情報が満載

タクシードライバーなら子育中でも勤務時間が選べる!

自分の時間を自由に使えるタクシー運転手の仕事は実は、子育て中の方にも人気の職業です。勤務中に家によることもできますし、勤務時間を選べるので、実に働きやすい環境であったりします。

魅力の仕事ともいえるタクシー運転手の仕事を考えてみたいという方にはおすすめしています。まずは、こちらにてその詳細を確認してください。

案外自由の利くタクシーの仕事です

タクシードライバーといえば、拘束時間が長いので子育て中の主婦は働きづらいイメージがあると思います。ですが現在は、勤務時間にも融通が利くようになり、子育て中でも働きやすくなっているのです。

 

今回はそんな子育て中の主婦の方におすすめの女性タクシードライバーのメリットをご紹介していきます!

 

近年は女性のドライバーが増えてきている

先々にある東京オリンピックやパラリンピックの影響もあり、政府は女性ドライバーの数を増やすよう閣議決定しています。そのため、女性が働きやすいように女性専用の更衣室やシャワー室などを完備、設備するための助成金も支給しているのです。以前と比べると女性のタクシードライバーも珍しくなくなりましたが、将来的にもさらに増えていうことが予想されていて、女性のタクシードライバーの未来は明るいといわれています。

 

子育て中のネックは勤務時間

結婚や出産をしても、働きたいと考えている女性が増えています。現在は共働きの家庭も増えていますし、自分で稼ぐことにやりがいを感じて、落ち着いたタイミングで社会復帰を望む女性は多いでしょう。ですが、子育て中は子供が第一優先。勤務時間がネックとなって選べる職種の幅が狭まってしまい、自分らしく働けていないと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

子育て中の女性が働く先といえば、スーパーやコンビニ、パン屋さんなどの販売職が多いように思います。タクシードライバーはひと昔前まで男性ばかりだったので、女性自身も就職、転職活動からは除外していることも多いでしょう。

 

ですが、タクシードライバーの仕事は日勤や夜勤、拘束時間が約20時間と長い分稼げる隔日勤務と選ぶことができます。子育て中なら勤務時間は昼間が一番良いと思いますが、他の時間帯でも希望すれば働けます。むしろ自分の希望を伝えることで、自分に合った勤務ができるので、他の勤務時間が固定されたパートやアルバイトよりもおすすめの仕事だといえます。

 

タクシードライバーの仕事は勤務時間が選べる

例えば、子供が小さい時は昼間中心でパートとして働き、子供が中学生になったらたまに夜勤で長い時間働く、といったことも可能です。自分の生活リズムに合わせて勤務時間が選べるのは嬉しいですよね。

 

また、子供が急に熱を出してしまった…。なんて時も休みが取れやすいので安心です。他の販売の仕事などは、周りの人に迷惑をかけてしまうので、休むのも気が引けてしまいますよね。タクシー会社だから休んでも良いということではもちろんありませんが、ひとりで乗務する分、責任も自分に返ってきます。他のアルバイトやパートと比べると周りに迷惑をかけることも少ないので、ストレスも少なく働けます。

 

休日に融通が利くので、子供の大切なイベントや家族の時間も大事にできます。時間の調整ができるとより効率よく働くことができるので、家事や育児もしやすくなります。同時に働いている充実感も得ることができるので、タクシードライバーの仕事は子育て中のママにおすすめなのです。

 

女性のドライバーはまだ少ないからこそチャンスがある

女性のドライバーが増えているとはいえ、まだ世間的には少ないのが現状です。
だからこそ「お客さんに覚えてもらいやすい」というメリットがあります。タクシードライバーとして稼ぐには色々な手段がありますが、「常連のお客様をつくること」もひとつの方法です。女性ドライバーはお客さんから覚えてもらいやすいので、運転中に良い対応ができてお客様も喜んでくれたら、常連になってくれる可能性があります。

 

通院のために毎週決まった時間にタクシーを利用する年配の方、いつも決まった時間に大荷物で仕事先へ向かう方…。色々なお客様がいると思いますが、良い対応をしてお客様から信頼されれば、そのような方々から頻繁に呼んでもらえるはずです。タクシードライバーは会社勤めでありながら、自分を売り込むことができるやりがいが多い仕事です。自分で自分を営業して、お客様にファンになってもらいましょう。

 

決まった時間で効率よく稼ぐには?

タクシードライバーの仕事は、自分が売り上げた金額によって左右される歩合制であることがほとんどです。子育て中だと働く時間が限られている場合がほとんどなので、できれば短時間で高収入を得たいですよね。では、効率よく稼ぐためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

そのためには、日ごろから地域のイベントやコンサートなどの催しをチェックするのがおすすめです。夜にあるイベントもあるでしょうが、子育ての方が多く働く時間帯の昼間でもイベントがある場合があります。人が集まる場所ではタクシーの需要が高まるので、より稼ぎやすくなります。普段の勤務時間外でも、イベントの日時を把握して稼ぎやすい日、時間帯などをチェックするクセを付けておくと良いでしょう。イベントの際は、開始時間と終了時間に特にタクシーに乗る方が多いので、その時間帯には動けるようにしておくのがベストです。

 

また、地域にもよりますが、駅などに人が多く集まる場合はタクシー乗り場で待っていると安定してお客様を乗せることができます。勤務したばかりでどう稼いでよいか分からない時は、駅のタクシー乗り場でお客様を乗せるようにすると良いでしょう。

 

ですが、子育て中で効率よく稼ぐには、やはり対策が必要です。短時間で稼ぐにはどうしたら良いのか?人が今集まっている場所はどこなのか?ベテランの人達はどのように稼いでいるのか?など、常にアンテナを張って、お客様を合っている間もしっかりと考えましょう。失敗しても自分で考えて行動し続けた人だけが、稼ぐことができるのです。

 

勤務時間が選べるということは、子供との時間を優先できるということ

ご紹介している通り、勤務時間が選べれば子育てや家事との両立がしやすくなるので、子供との時間が大事にできます。子供がいるのに働きに行くのは、子供が小さければ小さいほど心配なものですよね。ですが仕事によっては子供との時間を犠牲にせざる負えない場合もあります。タクシードライバーならそんな心配はなく、子供優先でシフト管理ができるので、余計なストレスを感じることもありません。

 

子供との写真を車に飾っても良いですね。お客さんがそれに気が付いて、もしかしたら自分の子供の話で盛り上がれるかもしれません。子育て中は子供に集中したいもの。タクシードライバーとの両立ならそれが可能ですし、子供にとっても良い選択であるといえます。

 

勤務時間についての不明点は、応募時に会社に聞くようにする

勤務時間が自由に選べるのは、子育てしている主婦にとって大きなメリットですが、そのように自由度が高い会社をまずは求人から選んで応募する必要があります。勤務時間が自由だと思っていたのに、全然そんなことなかった…。なんて展開になったら後悔するので、必ず事前に確認するようにしましょう。求人情報を細かくチェックすることも大切ですが、説明会などに参加して、自分の状況や希望を交えながら質問をするのがおすすめです。人によって子育ての状況は異なりますし、会社によっても勤務して欲しい時間帯は異なります。お互いにとって良いご縁につながるように、気になる会社の説明会には参加して、情報収集するように心がけてみてください。

 

 

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談 TEL0120-5964-15にお気軽にご相談ください。
寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。