稼げるタクシーの仕事探し情報が満載

タクシー運転手の仕事内容とその現実「つらいか楽か」についても解説

タクシー運転手の仕事に転職したいとお考えの方は、実際の仕事内容と現実について知りたいとお思いのはずです。
「つらいか楽か」見極めて自分にできる仕事なのか考えたうえで応募するタクシー会社を探すとよいでしょう。

どのようにタクシーで働くのか

「今勤めている会社を辞めてタクシードライバーになりたい」、「未経験者でも転職できるのが魅力」、「好きな車の運転を仕事にしたい」、そう考えてタクシードライバーの転職を希望する方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、「タクシードライバーの現実」でネットを検索すると、良い話ばかり出てくるものではありません。拘束時間が長くて収入も低い、お客さんへの対応が大変、といった意見も多くあります。

 

タクシードライバーとして転職を希望しているけど、本当のところのタクシードライバーの仕事の現実はどういったものなのでしょうか?今回詳しく解説していきます!

 

タクシードライバーならではの苦労がある

タクシードライバーは他の仕事とは違う勤務形態です。通常だと8時間労働で休憩は1時間程度あるのが一般的ですが、タクシードライバーの仕事は隔日勤務といって、約20時間の間長く働くことになります。もちろん合間に休憩はありますが、慣れていないうちはこの勤務形態は体力的に大変です。拘束時間が長いかわりに、隔日勤務の翌日は休みでゆっくりできるというメリットもありますが、この勤務時間が合わないと感じる方もいます。

 

通常の会社員だと、月に20日ほどの勤務となりますが、タクシードライバーの場合は1日の仕事の拘束時間が長くなることが多いので、その分休日がしっかりと設けられています。休みが多いので、連休も取りやすく、旅行などへも行くことも可能です。

 

タクシードライバーの業務は拘束時間が長いというだけで大変な印象を持つ方もいますが、裏を返せば休みが多く、プライベートを充実させることができるということです。なので、ある意味どっちを取るか、就職や転職活動の際は考えると良いでしょう。

 

ずっと運転をし続けるのが辛いと感じる人もいる

勤務時間が長いということは、それだけの時間帯車にずっと乗っているということです。車の運転は一見楽そうに思われますが、同じ姿勢を長時間して、周囲に注意を払いながら安全に運転をするのは大変です。同じ姿勢をずっとしていると、腰や肩を痛めることもあるので、タクシードライバーの方はたまに外に出て背伸びをしたりストレッチをしているようです。

 

また、勤務時間がバラバラなので、タクシードライバーとして勤めるなら体調管理をしっかり行う必要があります。特に勤めはじめのころは緊張しているので、夜眠れずに体調を崩してしまう…。なんてことにならないように、しっかり管理していく必要があるでしょう。

 

タクシードライバーは深酒ができない

お酒ぐらい我慢すればいいと思われるかもしれませんが、お酒が思い切り飲めないのは、辛いことです。勤務前日に深酒をして、翌日の業務前の検査で反応が出てしまった場合、その日は乗務できなくなります。そういったことからタクシードライバーの方は勤務の前日に深酒をすることができず、ストレスが解消できないと感じている方も多いようです。

 

稼げるかどうかは自分次第

タクシードライバーの転職した後の体験談をみてみると、「全然稼げない」と答える方の一方で、「前職よりもずっと稼げるようになった」と答える方もいます。タクシードライバーは老若男女、新人、ベテラン関係なく、稼げるかどうかは自分の力量次第の職業になります。うまく稼げない方にとっては毎日苦痛かもしれませんが、稼げる方にとってはこれ以上ない好条件の職業でしょう。

 

しかし、自分で稼げるようになるには、会社員の時とは違努力が必要です。タクシードライバーは会社に属してはいますが、自分で自分を売り込むことで確実に売上アップに繋がります。毎回流れで走って、タイミングよくお客様が乗ってくれるわけではないので、自分というドライバーを知ってもらってご用命の際には自分を呼んでもらえるような、そういった工夫を考えて実際に行動していく必要があります。そういった意味でいうなら、個人の資質が問われる職業でもあるので、厳しさもあるでしょう。ですが、努力して売上が作れた時は、会社員のころとは違うやりがいや達成感を感じることができるはずです。

 

タクシードライバーは行動力がある方や、考え続けて創意工夫するのが好きな方が向いているのかもしれません。もし、仕事を面倒と思ったり、早く帰れないかなと毎日思いながら仕事をしている方は、タクシードライバーの仕事は辛いものになるかもしれません。

 

もし収入面で不安なら、会社によっては転職したての3ヶ月間ほどお給料をしっかり補償してくれているところもあるので、そういった場所に転職するようにすると、不安も解消されて良いですよ。金銭的に余裕があると、気持ちにもゆとりが生まれます。どんな仕事でも慣れるまでは3ヶ月ほど掛かるものです。その間に自分でしっかり売上が作れるように日々考えて、行動に移していきましょう。

 

ひとりで仕事をしているので悩みを共有できない

タクシードライバーの仕事は、無線で指示を受けることもありますが、基本的にはひとりで行います。勤め始めのころは特に悩むことも多いと思いますが、身近に相談できる人が作りづらいのも、タクシードライバーならではの特徴といえます。

 

ひとりで考えて解決できるタイプの方なら問題はありませんが、人に話すことで頭が整理されるというタイプの方は業務中にもストレスを溜めやすい傾向があるかもしれません。

 

一方で「職場の人間関係を気にしなくて良いから働きやすい」と答える方もいます。環境の合う合わないはあると思いますが、タクシードライバーはどちらかというとひとりでも物事を解決できる方が向いている仕事といえます。しかし、業務上の不満を誰にも言えずに抱え込んでしまってはストレスは溜まる一方なので、自分なりのストレス解消をどうしていくかが働くうえで大切になりそうです。

 

良いお客様もいれば、良くないお客様もいる

タクシードライバーの一番の泣き所はお客様を選べないことです。もちろん良いお客様も多いですが、迷惑なお客様やクレーマーのようなお客様もいます。そんな方と車内でしばらく一緒に過ごすのは苦痛ですよね。タクシードライバーの中には、こういった迷惑なお客様とのやり取りをストレスに感じている方も多くいます。

 

ですが、お客様を選べないのはなにもタクシードライバーに限ったことではありません。よく考えてみると様々な職業に共通することなのではないでしょうか?苦しいところですが、ここを割り切らないとタクシードライバーとして稼ぐことは難しいかもしれません。大事なのは「仕事なんだ」と心に留めることです。迷惑なお客様には、感情的にならずにあくまでも冷静な態度で接しましょう。

 

また、お客様が泥酔して手におえない、お客様を乗せたのは良いが寝てしまって起きない、酔っぱらって車内で暴れている、といった場合は交番に相談しにいきましょう。また、もし万が一トラブルがあった場合はドライブレコーダーを警察に提出して被害を訴えましょう。無賃乗車や乗り逃げなどはもってのほかです。トラブルにあった際は、早めに警察と会社に報告して対応していくことが大切です。

 

こういった迷惑なお客様もいますが、良いお客様もたくさんいます。「またあなたにお願いするね」と言ってもらえたら、タクシードライバーとしてのやりがいも一層増すことでしょう。お客さんとのことで悩むこともあれば、お客さんに元気を貰ったり励まされることもたくさんあります。良いお客様とたくさん出会えるように、まずは自分が誠心誠意仕事に取り組むようにしましょう。

 

 

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談 TEL0120-5964-15にお気軽にご相談ください。
寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。