お教えします!タクシードライバーになるまで...のお話

誰でも運転免許を持っていれば簡単にタクシー運転手の仕事につけると思っている人は多いようです。それで求人情報が目にとまります。確かに日本中どこでも走っています。しかも普通の運転免許があれば出きそうな仕事に思えるのではないでしょうか。確かにタクシー運転手になるのに特殊な技術などは必要ありませんが多少求められていることもあります。では今回はタクシードライバーになるためにどのような段階を踏まなければならないのか少し考えてみましょう。まずは2種免許というのを取得しなければなりません。入社が決まったならば2種免許を取得しに行きましょう。教習所に行きお客様を乗せて走る安全走行の技術を学ぶのです。
最近はシートベルトをすることを促すなどがあります。しかしその方法を学ぶことによってお客様を快適に目的地までお送りすることが出来ます。普通の免許を持っていても危ない運転をしてしまえば会社の評判が落ちます。それを防ぐ為に必ず2種免許を取得するのです。教習所で学科技能講習を受けたならば免許センターで試験を受けます。普通免許と同じようにそこで免許をもらえるか決まります。最短で7日から10日で取得することができると言われています。努力してとった2種免許は貴重なものでしょう。その2種免許を取得できたのであればその次は東京タクシーセンター講習を受けます。そこでは地理試験と言うものがありそれを学びます。
ドライバーは地理にも詳しくなければならないでしょう。確かに限界がありますがそれでも地理を覚えることによってお客さんに不安を与えずにすみます。そのためにも講習があるのです。これは東京の場合必須かもしれません。その後運転車登録証というものをもらうことが出来るのです。これは何でしょうか。よく助手席に写真入の名前プレートが置かれているかもしれません。それが運転者登録証というものです。あのプレートがあるからこそタクシードライバーになれるのです。そしてその後各種加盟団体の教習と社内研修を受けます。これは無線の使い方などを訓練する目的があります。また接客マナーを学ぶこともあるでしょう。ただタクシーで目的地までお届けすると言うことではありません。お客様の会話にあわせることも必要です。その後訓練を繰り返し実際にデビューすることができます。この流れはそう難しくはありません。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

「タクQ」を検索する

高待遇で高収入の稼げる優良企業で働きませんか?
【最大合計で40万円の入社祝い金支給します】
タクQの無料転職相談0120-5963-15にお気軽にご相談ください。寮完備や高歩合などなんでもご希望の条件にあったタクシー会社をご案内させていただきます。

タクQ